Vol.57 床暖房

皆様こんにちは 代表の石井です。

先日、政府が新型コロナの感染症法上の分類を
「2類相当」から「5類相当」引き下げを5月8日に行う方針と発表しましたね。

やっと、マスク無しの生活に戻れるのでしょうか。
少しづつですが、良い方向に動いているのですね!!

10年に一度の最大級最強寒波で日本海側の方は大雪で大変なことでしょう。
東京も冬晴れ、冷たい風で乾燥した寒い日が続いています。

そんなことで今日は、【床暖房】のお話をさせて頂きます。

床暖房】とは、
床から直接伝わる「伝導熱」と
床から部屋全体に広がる「ふく射熱」の組み合わせで
足元から暖める暖房方法です。

床暖房】のメリットとしては、
1、火を使わないので安全である。
2、足元から効率よく部屋を暖めることができる。
3、水蒸気の発生が無く、結露しない為、ダニ・カビ発生につながりにくい。
4、エアコンのように風が無いので、チリやホコリを舞い上げる心配がない。
5、空気が乾燥しにくい。
6、暖房器具自体が床下に施されているため、部屋を広く使える。
等々

お子様のいるご家庭や喘息をお持ちの方には、
有効な暖房方法の一つです。

床暖房】には
温水式』と『電気式
の2種類があります。

温水式』は
床に配管を施し熱源機で温めたお湯を通し部屋を暖めます。
導入の初期費用は『電気式』よりは高いが、ランニングコストは安くなります。

電気式』は
床下に設置した電熱線ヒーターパネルで部屋を暖めます。
導入の初期費用は『温水式』よりは安く、
立上りが早いのが特徴です。

床暖房】にかかる費用として

温水式』は
導入費用が1畳あたり5~10万円+熱源機+ヒートポンプなどの設備費で100万円ほどの費用がかかります。
ランニングコストは1日10時間の使用で3000~5000円/月ほどです。

電気式』は
導入費用が1畳あたり5~10万円かかります。
ランニングコストは1日10時間の使用で、5000~10000/月ほどです。

ただし、光熱費が上がり続けている昨今では、これ以上にかかると思われます。

床暖房】の使用期間や使用頻度、建物の構造によって、
床暖房】の種類を選ぶことが重要です。

床下の断熱はお忘れなく!!

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.56 令和五年 初BLOGは「畳」についてのお話です

明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月ということで
今年初BLOGは【畳】についてのお話をさせて頂きます。

【畳】は日本固有の文化で発達した床材であり、
日本の風土や気候に最適な『床材』材です。

さらに、畳は室内空間の快適性に大いに役立ちます。

地域によって【畳】は大きさが異なることをご存知ですか?

地域別の【畳】サイズ、4種類を見てみましょう。

①京間(きょうま)
 京間は、京都・関西・中国・四国地方などで用いられており、
 本間(ほんま)、本間間(ほんけんま)とも呼ばれます。
 「191cmx95.5cm」と
 4種類の中で最も大きいのが特徴です。

②中京間(ちゅうきょうま)
 三六間(さぶろくま)とも呼ばれ主に、
 岐阜・愛知の中京地方や、
 福島・山形・の東北地方、北陸の一部、
 奄美大島など日本各地で用いられています。
 「182cmx91cm」と
 京間の次の大きさになります。

③江戸間(えどま)
 江戸間は五八間(ごはちま)・関東間(かんとうま)とも呼ばれ、
 全国的な標準規格として、
 関東・東北地方・北海道で用いられています。
 「176cmx88cm」
 中京間よりもさらに小さくなります。

④団地間(だんちま)
 団地間は五六間(ごろくま)とも呼ばれ、
 公団住宅やマンション・アパートなどで用いられています。
 「170cmx85cm」
 と4種類の中で最も小さいのが特徴です。

西日本の、京間や中京間は
【畳】を並べたその外側に柱を建てます。
その為、柱の中心間距離は
畳+柱1本分となります。

障子や襖の大きさも、
【畳】のサイズを基準にするので、
規格化され、使いまわしが可能になります。
この【畳】を基準にする工法を「畳割」と呼びます。

これに対し関東では、
【畳】を基準にするのではなく、
柱~柱の中心間距離を基準にします。

その為、各部屋で【畳】の大きさが異なり、
使いまわしができません。
この工法を「柱割」といいます。

現在では「柱割」の方が多くなってきています。

和室を作る方は少なくなっていますが、
縁のない琉球調畳をリビングの一画に利用するのも、
なかなか良いものです。

使ってみてはいかがでしょうか。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。
 

Vol.55 24時間換気の必要性

皆様 こんにちは 代表の石井です。

今年も残すところ、20日。
年の瀬に向かい、忙しくなってきているのではないでしょうか?

去年のこの時期より寒い気がしますし、
北日本での積雪も早いように思います。

そんな寒くなってきた今日このごろ、
部屋の暖房をつけ、お家の中で快適に過ごしたいですよね~

こんな時、家に設置してある【24時間換気】の運転で、
部屋がなんか寒くなったことはありませんか??

しかし、【24時間換気】は、住いの環境を守るために、
とても大切な仕組みとなっています。

だから、寒い時期だからといって、
気軽に運転を止めるのはお勧めできません。

今回は、【24時間換気】の必要性についてお話しさせていただきます。

24時間換気】とは、
家に設置した換気設備で、
居住空間の空気を強制的に入れ替えるシステムの事です。

元々気密性の低かった日本の住宅では必要なかったのですが、
昨今の住宅は、住宅性能も向上し、厚さや寒さ対策や、
省エネ重視の為、どんどん気密性が高くなってきています。

また、技術が進歩し、化学物質を含む建材を沢山使うようになったことにより、
家具や建具から発生する化学物質や、生活の中で生じるチリやホコリ等を原因とした、
健康被害『シックハウス症候群』という体調不良が問題になっていました。
なぜなら、家の中に化学物質・チリやホコリが充満していたからです。

『シックハウス症候群』が進行してしまうと
『化学物質過敏症』になり、
こうなってしまうとなかなか完治できません。

そこで、2003年の建築基準法改正で、
全ての住宅に【24時間換気システム】の設置を義務化しました。
この換気により、1時間に居住空間の半分の空気のを入れ替えることが基準とされています。

【24時間換気システム】により、
計画換気を行うことで、汚れた空気を排出し、
新鮮な空気を取り入れ、『シックハウス症候群』などを、
防ぐことを目的としています。

寒い季節では、給気口から入ってきた冷たい空気で、
風の流れができ、寒さを感じることがあるかもしれません。
だからといって、【24時間換気】を止めるのは良くないことなのです!!

万が一止めてしまうと、汚れた空気が排出されず、
湿気やチリやホコリなどが室内に留まることで、
結露やカビが発生し、カビをエサにするダニが増え、
アレルギーの原因になったりもします。

【24時間換気】とは、
その名の通り、
【24時間換気】しなくてはいけません。

【24時間換気】で寒いと感じる場合は、
止めるのではなく、
■給気口に専用のカバーやフィルターをつける
■サーキュレーター等を利用し、暖気を循環させる
■給気量を調節する
などの対策をとってみてはいかがでしょうか。

ご自身の健康・ご家族の健康、家の劣化を防ぐためにも、
【24時間換気】で新鮮な空気を取り入れることが重要です。

居心地の良い空間で、健康で素敵な時間を過ごしていきましょう!!

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.54 災害への備え

皆様 こんにちは!
代表の石井です。

またまた、コロナ感染者数がじわじわと増えてきていますね。
年末年始に向けて、第8波が心配されますね。

ウィルス災害も怖いものですが、
自然災害も何時、何処で、どんな災害に見舞われるかと、
不安に思われる方も多いかと思います。

東日本大震災をきっかけに、
災害時の危機感が強まり、ご家庭でも防災グッズを
備えるご家庭も増えたのではないでしょうか。

『備えあれば憂いなし』の言葉のように、
『皆様が安全な暮らしを送る為にできる事』とは、
というテーマで、
『ご家庭でできる安全対策』
についてお話しさせていただきます。

①【食料・飲料の備蓄】
水道・電気・ガス等ライフラインが寸断された時の為に、
普段から、飲料水・非常食などを備蓄しておくことがよいでしょう。
(きっと、もう皆様は、当たり前にやっていますよね)

では、実際、何を、どれくらい必要なのか?
■飲料水は3日分、(一人一日3リットルが目安)
■非常食も3日分、アルファー米・乾パン・チョコレート・ビスケット等々
■懐中電灯・乾電池・ライター・・ランタン・ロウソク・カセットコンロ等
■ティッシュペーパー・トイレットペーパー・簡易トイレ・シート等
  飲料水とは別にトイレを流したりするために使う生活用水も必要となります。
  生活用水はポリタンクや浴槽を利用して、
  いざという時の為に、準備しておきましょう。

②【非常用バック】
自宅が被災した場合には、安全な場所に避難し、
避難生活を強いられることになります。
そんな非常時に必要なものを、予めリュックに詰めておき、
何時でもすぐに持ち出せるように準備しておきましょう。

■飲料水・食料品(缶詰・カップ麺・チョコレート等)
■貴重品(現金・通帳・印鑑・保険証等)
■ヘルメット・防災頭巾・マスク・懐中電灯・手袋等
■下着・衣類・毛布・タオル・予備電池・ラジオ等
■使い捨てカイロ・洗面用具・ウェットティッシュ等
■救急用品(常備薬・消毒液・包帯・絆創膏等)
■乳児のいるご家庭では、粉ミルク・哺乳瓶・紙おむつ等も準備しておきましょう。
■ペットがいる方は、ペット用として別に準備が必要となります。

③【家具の置き方】
大地震時には
『家具は必ず倒れるもの』
と考え、策を講じましょう。

■転倒しないよう壁等に固定する
■寝室や子供室には、できるだけ家具を置かないようにする
  倒れた時に出入り口を塞がないように配位置する
  背の低い家具にすることも有効的です

家づくりにおいては、【耐震等級3】クラスの家は、
災害対策拠点となる消防署や警察署と同等の耐震性能があります。

【耐震等級2】クラスの家でも学校や病院といった、
避難施設と同レベルの耐震性能です。

これだけ見ると家の中にいた方が安全な気がしますが、
なぜ、一概に『家に中が安全』といえない・・・???

家の中の物の転倒・窓ガラスの破損・飛散などが起こるからなんです。

【念には念を】

安全・安心を守る為、住宅性能は勿論ですが、
自分自身の備えをしっかり行い・準備し、
安心・安全な生活が送れるように、
各ご家庭で工夫されてみてはいかがでしょうか。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


Vol.53 【家事動線】を考え作る間取り

皆様 こんにちは!
代表の石井です。

『女性が入りやすいラーメン屋』
を特集した雑誌を読みました。

「間口を広げ営業するポイント」というのがありました。

最近のテレビや雑誌の特集では
『女性のための○○○○』や
『家族連れのための○○○○』、
『育メンのための○○○○』
という表現のものをよく見かけます。

家づくりで考えてみると、どんなテーマが喜ばれるのでしょうか?

お子様がいるご家庭では、
『子育てママ』や『子育てパパ』が
一番多くの時間をお家の中で過ごすのではないでしょうか。

掃除・洗濯・お料理、それに育児、お家の中で大忙しの
『子育てママ』や『子育てパパ』に、
家事を応援する間取りを取り入れた家づくりがあります。

今回は、その一つの
【家事楽動線】
をご紹介します。

時間と労力のかかる家事はできるだけ、
『楽』『早く』
済ませたいものですよね。
その為には、【家事動線】
がとても重要になります。

家事には、AをしたらBをするというルートがあります。

例えば、
・洗濯をしたら、バルコニーで干す。
・買い物をしたら、パントリーや冷蔵庫などにしまう。
・料理をしたら、ゴミの後片付け。
等々

勝手口⇒パントリー⇒キッチン⇒ランドリールーム⇒バルコニー
と連続した間取りにすると、効率よく家事ができるのではないでしょうか。

また、お子様から目を離すことなく家事もできたり・・・・

家事が『楽』『早く』終わればお子様と遊ぶ時間もつくれますし、
お子様がお手伝いしやすい環境にもなります。

家族のコミュニケーションUPにもなるのでは・・・・・

お家づくりの際は、【得する間取り】を考えてみてください!

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.52 お引っ越し時の【ご挨拶品】

皆様 こんにちは、代表の石井です。

武蔵総社 大國魂神社 秋季祭 栗祭りが
9/28に斎行され、3年ぶりの山車巡幸が行われました。
instagram ishii _komuten_staff
にUPしております。ご覧になってみてください。

お引っ越しの際に
「ご近所さんに配る【ご挨拶品】は、どのようなお品を準備すれば良いのですか?」
とご質問をいただくことがあります。

お引っ越しの際、ご近所にご挨拶のお品の価格は、
500円~1000円位といわれてはいますが、
家を建てて、末永く住み続けていくのですから、
1000円~2000円位のお品でご挨拶をしても良いでしょう。

お品を選ぶポイントは、
受け取った側が、
『気を使わない』『お返しの必要がない』
位の価格帯が良いでしょう。

具体的にはどんなご挨拶品にすればよいのか。

1.[タオル]や[洗剤]
 タオルや洗剤は賞味期限を考慮することなく、どこのお宅でも使う頻度が高いところが良いですね。 

2.[お菓子]
 お菓子は、日持ちが良く、数の調整もしやすい「クッキー」を選ばれる方が多いようです。
 老若男女を問わず、苦手の人も少ない点も良いですね。

3.[ラップ]や[トイレットペーパー]
 日常生活でよく使われる消耗品は、相手の好みに左右されることがないため、選ばれることが多いようです。

【あっても邪魔にならないもの】
思い出に残るようなお品よりは、
日常生活の中で消えてなくなる
消耗品や食べるものが良いでしょう。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.51 地震と住まい

皆様こんにちは 代表の石井です。

皆様は住まいづくりで、どんなところをポイントにしますか?
デザイン?
住み心地?
設備?
広さ?
ペットと共生?
色々なお考えがあると思います。

またまた、多くのお客様が大事にしているポイントが
【災害に強い住まい】【お洒落な住まい】
などがあります。

「機能性」と「デザイン」の両立は難しいと思われている方も、
多々いらっしゃると思います。

「機能性」は住まいづくりでいうと【災害への強さ】も含まれます。

災害と一口に言っても、色々とあります。

いま日本列島で懸念されている地震についてでは、
【耐震等級】という基準があります。

新築をお考えの方は、よく耳にしている言葉だと思います。

【耐震等級】とはレベルが1~3まであり、

『耐震等級1』建築基準法をクリアできるレベル。
『耐震等級2』耐震等級1で想定している1.25倍の地震に耐えられるレベル。
『耐震等級3』耐震等級1で想定している1.5倍の地震に耐えられるレベル。
となっています。

では、建築基準法をクリアできる『耐震等級1』とはどれくらいの強さなのか?
それは、震度6強~7レベルで数百年に1度発生する、稀にくる大地震で、倒壊しない
しかも、震度5クラスの数十年に一度発生する地震では損傷もおこさない水準です。

「阪神・淡路島大震災」「東北地方太平洋沖地震」「熊本地震」が
数百年に一度発生する、稀にくる大地震にあたります。

数百年に一度では全然ないですよね。
活発期に入っている日本列島では
震度5クラスの地震は毎年のように発生しています。

避難所になる学校や病院は『耐震等級2』
消防署や警察など防災拠点となる建物は『耐震等級3』
の水準で造られます。

『耐震等級1』の住まいでは倒壊してしまうのではないかと、
不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、
稀にくる大地震でも倒壊しない、避難する時間を稼げる、
その家で倒壊により命を奪われることが無いようなレベルです。

しかし、大地震を一度被災すると、
その建物は『耐震等級1』の耐力を持たなくなります。
「熊本地震」のように2回の本震に襲われることがあるかもしれません。

『耐震等級』と合わせ、
『免振』『制振』を組み合わせ複数回の被災に耐えられる
住まいづくりを考えることも重要です。

『ダンパー』設置もとても有効な対策です。

住まいづくり大切な、
【災害への強さ】【デザイン】
そして、もひとつの
【予算】

どれもこれも大切なことです。
バランスよく計画し【災害に強いお洒落な住まい】を建ててみませんか。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.50 頑丈な家づくり

皆様 こんにちは、代表の石井です。

新型コロナウィルス第7波、
感染者数がなかなか減りませんね。

新型コロナウィルスの影響で、
私達の生活スタイルが様変わりしました。

自宅でテレワークや
オンラインショップやネットで買いもの、
便利になったような、ならないような???
でも間違いなく、
自宅で過ごされる時間は増えたのではないでしょうか。

最近では、「おうち時間」が増えた分、
ワーキングスペース造りや、
ゆっくりくつろげるリビング造り等など、
快適に過ごせる家づくりが多くなってきました。

しかし、「おうち時間」が増えたなかで重要なことは、
快適性だけではありません。

「防災」「防犯」の安全面も重要となります。

プレートが交わる日本は地震がとても多い国です。
だから、【地震対策】は家づくりには欠かすことができない重要な要素の一つです。

「おうち時間」が増えた今では自宅の安全性は、より重要となります。

安全な家の条件とは
『家族の命を守ることができるか』
『家は倒壊しないか』
『生活への支障はないか』

何より重要なことは
『家族を守ることができる家なのか』
ではないでしょうか。

地震に強い家をつくる為の3つのポイント。
【耐震】
【免振】
【制振】

地震対策の3つの技術です。

【耐震】
建物が地震に耐えることを目的にしており、
「耐力壁」「筋交い」等を配置し、
地震により建物の倒壊を防ぐ。

【免振】
免振装置を設置し、地盤の揺れに、
建物が影響を受けない構造。

【制振】
地震動を制御するを目的とし、
地震動を熱に変換する「ダンパー」の設置や、
振り子の原理を利用し。地震動が建物へ伝達することを最小限に抑える。

【免振】抑えた地震動を【制振】減少させるなど、
併用した工法を用いて、地震対策を行うこともあります。

【地震対策】【工法】を確認しておくことは、
とても重要なことといえるでしょう。

【頑丈な家】でより安全で、快適な「おうち時間」を
すごしていただければと思います。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.49 家族の危険はお家で守ろう! 

皆様 こんにちは、代表の石井です。

近ごろは物騒で、いつ何時き危険な場面に遭遇するかわかりません。

特に人口の多い都市部では、
家屋への不法侵入や空き巣被害が
増加していると言われています。

家族の安全を守る防犯対策は、とても重要なことではないでしょうか‼

因みに、泥棒・空き巣が家に侵入する際、5分以内に侵入できないと、
約7割の泥棒・空き巣はあきらめるそうです。

ということは、侵入しにくい家にしておけば、
泥棒・空き巣被害の防止となるわけです。

泥棒・空き巣は必ず下見をします。

「狙わせない」「侵入させない」対策として、
【侵入防止4原則】
があります。

1、時間(侵入に5分以上かかること)
2、目(人の目につく)
3、光(明るく照らされる)
4、音(警報等大きな音で威嚇)

以上の4項目を備えるだけで、
泥棒・空き巣のの被害に遭う確率を下げることも可能です。

具体的な対策として、
「死角になりそうな場所」や「人目につきにくい場所」を減らす。
「防犯カメラ」や「セキュリティーシステム」の配備。
等は有効な手段となります。

犯罪者が身を隠しやすい
死角の多い袋小路や公園近くの土地は、
被害に遭いやすい環境であるともいえます。

土地を購入する前に、時間帯をずらし、何度も下見に行き
周辺の様子を観察しておくのが良いでしょう。

侵入口として、最も良く使われているのは窓です。
窓の防犯対策は重要といえるでしょう。

防犯ガラス・防犯フィルム・補助鍵が有効です。
防犯ガラスとは2枚のガラスの間に特殊フィルムが入っていて、
ガラスを割られても穴が開きにくい構造になっています。

ガラスを割り開錠し侵入される可能性はかなり抑えられます。

また、窓の配置にも気を配り、侵入しやすい場所に
窓を設置しないようにするのはもちろんのこと。

侵入しやすくなるような足場はないか、
侵入しやすい大きさではないかを考慮し設置しましょう。

ピッキングされにくいディンプルキー
2重ロック
センサー付き防犯ライト
音の出る防犯砂利

等々色々なアイテムが販売されています。
これらを有効に使えば被害遭う確率はかなり抑えられると思います。

しかし、住みはじめてから設置するのでは、
大がかりな工事が必用となるケースもあります。

住宅を建てると決めた時から防犯を意識して、
防犯効果の高い設備の導入計画していくことも大切なことです。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

サステナブル

皆様こんにちは、代表の石井です。

東京の今日の感染者数は4万を超えました。
どんどん増えています、皆さまも十分お気をつけてお過ごしください。
因みに、私は昨日第4回目のモデルナ接種を終えてきました。
感染予防に十分気を付けて生活していきます。

今日は、【サステナブルな暮らし】
についてお話しさせていただきます。

皆様は【サステナブル】
という言葉を聞いて、
ピンとくる方はいらっしゃいますか???

今回は、私たちの地球を少しだけ守るためのお話です。

【サステナブル(Sustainable)】「持続可能な」という意味です。
その語源は、sustain(持続する)とable(~できる)からきています。

今、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めていることが、
【サステナブル(Sustainable)】な社会の実現です。

今、なぜ必要とされているのか???
そこには大きな問題が3つあります。

1,[世界の人口が増えすぎたこと]
  20世紀半ばでは25億人だった人口が、
  20世紀の末には60億人に急増したのです。
  21世紀には90億人を突破すると予測・・・

2、[生活環境の悪化が進んでいること]
  地球温暖化による気候変動が生じ、
  平均気温が年々上昇しつづけ、
  水不足による砂漠化や自然災害が増加傾向に・・・

3、[天然資源が枯渇してしまうこと]
  急速な世界経済の発展は、
  石炭や石油、天然ガスといった限りある化石資源を大量に消費。
  すぐに作り出すことのできない天然・化石資源は枯渇する危機に・・・

では、私達にできる【サステナブル】な暮らしとは??

・節電を心がける
・ごみを減らす
・マイバックやマイボトルを持ち歩く
・地産地消を心がける
・モノは捨てずにリサイクル
・フードロスを減らす

一人一人の行動がちりも積もって、いつかは世界を変えるのです。
自分が暮らす家の中から地球にやさしい行動をしていきましょう。

私達、住宅会社が取り組める【サステナブル】があります。
「化学物質を使わない家づくり」
「アトピーやシックハウス症候群の方も安心して暮らせる家づくり」
「メンテナンスがほとんどかからない長く住み続けられる家づくり」

これからの時代は、
住む人、建てる側も
【サステナブル】
を意識していきましょう。

家づくりでお悩みの方、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。