Vol.52 お引っ越し時の【ご挨拶品】

皆様 こんにちは、代表の石井です。

武蔵総社 大國魂神社 秋季祭 栗祭りが
9/28に斎行され、3年ぶりの山車巡幸が行われました。
instagram ishii _komuten_staff
にUPしております。ご覧になってみてください。

お引っ越しの際に
「ご近所さんに配る【ご挨拶品】は、どのようなお品を準備すれば良いのですか?」
とご質問をいただくことがあります。

お引っ越しの際、ご近所にご挨拶のお品の価格は、
500円~1000円位といわれてはいますが、
家を建てて、末永く住み続けていくのですから、
1000円~2000円位のお品でご挨拶をしても良いでしょう。

お品を選ぶポイントは、
受け取った側が、
『気を使わない』『お返しの必要がない』
位の価格帯が良いでしょう。

具体的にはどんなご挨拶品にすればよいのか。

1.[タオル]や[洗剤]
 タオルや洗剤は賞味期限を考慮することなく、どこのお宅でも使う頻度が高いところが良いですね。 

2.[お菓子]
 お菓子は、日持ちが良く、数の調整もしやすい「クッキー」を選ばれる方が多いようです。
 老若男女を問わず、苦手の人も少ない点も良いですね。

3.[ラップ]や[トイレットペーパー]
 日常生活でよく使われる消耗品は、相手の好みに左右されることがないため、選ばれることが多いようです。

【あっても邪魔にならないもの】
思い出に残るようなお品よりは、
日常生活の中で消えてなくなる
消耗品や食べるものが良いでしょう。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.51 地震と住まい

皆様こんにちは 代表の石井です。

皆様は住まいづくりで、どんなところをポイントにしますか?
デザイン?
住み心地?
設備?
広さ?
ペットと共生?
色々なお考えがあると思います。

またまた、多くのお客様が大事にしているポイントが
【災害に強い住まい】【お洒落な住まい】
などがあります。

「機能性」と「デザイン」の両立は難しいと思われている方も、
多々いらっしゃると思います。

「機能性」は住まいづくりでいうと【災害への強さ】も含まれます。

災害と一口に言っても、色々とあります。

いま日本列島で懸念されている地震についてでは、
【耐震等級】という基準があります。

新築をお考えの方は、よく耳にしている言葉だと思います。

【耐震等級】とはレベルが1~3まであり、

『耐震等級1』建築基準法をクリアできるレベル。
『耐震等級2』耐震等級1で想定している1.25倍の地震に耐えられるレベル。
『耐震等級3』耐震等級1で想定している1.5倍の地震に耐えられるレベル。
となっています。

では、建築基準法をクリアできる『耐震等級1』とはどれくらいの強さなのか?
それは、震度6強~7レベルで数百年に1度発生する、稀にくる大地震で、倒壊しない
しかも、震度5クラスの数十年に一度発生する地震では損傷もおこさない水準です。

「阪神・淡路島大震災」「東北地方太平洋沖地震」「熊本地震」が
数百年に一度発生する、稀にくる大地震にあたります。

数百年に一度では全然ないですよね。
活発期に入っている日本列島では
震度5クラスの地震は毎年のように発生しています。

避難所になる学校や病院は『耐震等級2』
消防署や警察など防災拠点となる建物は『耐震等級3』
の水準で造られます。

『耐震等級1』の住まいでは倒壊してしまうのではないかと、
不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、
稀にくる大地震でも倒壊しない、避難する時間を稼げる、
その家で倒壊により命を奪われることが無いようなレベルです。

しかし、大地震を一度被災すると、
その建物は『耐震等級1』の耐力を持たなくなります。
「熊本地震」のように2回の本震に襲われることがあるかもしれません。

『耐震等級』と合わせ、
『免振』『制振』を組み合わせ複数回の被災に耐えられる
住まいづくりを考えることも重要です。

『ダンパー』設置もとても有効な対策です。

住まいづくり大切な、
【災害への強さ】【デザイン】
そして、もひとつの
【予算】

どれもこれも大切なことです。
バランスよく計画し【災害に強いお洒落な住まい】を建ててみませんか。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.50 頑丈な家づくり

皆様 こんにちは、代表の石井です。

新型コロナウィルス第7波、
感染者数がなかなか減りませんね。

新型コロナウィルスの影響で、
私達の生活スタイルが様変わりしました。

自宅でテレワークや
オンラインショップやネットで買いもの、
便利になったような、ならないような???
でも間違いなく、
自宅で過ごされる時間は増えたのではないでしょうか。

最近では、「おうち時間」が増えた分、
ワーキングスペース造りや、
ゆっくりくつろげるリビング造り等など、
快適に過ごせる家づくりが多くなってきました。

しかし、「おうち時間」が増えたなかで重要なことは、
快適性だけではありません。

「防災」「防犯」の安全面も重要となります。

プレートが交わる日本は地震がとても多い国です。
だから、【地震対策】は家づくりには欠かすことができない重要な要素の一つです。

「おうち時間」が増えた今では自宅の安全性は、より重要となります。

安全な家の条件とは
『家族の命を守ることができるか』
『家は倒壊しないか』
『生活への支障はないか』

何より重要なことは
『家族を守ることができる家なのか』
ではないでしょうか。

地震に強い家をつくる為の3つのポイント。
【耐震】
【免振】
【制振】

地震対策の3つの技術です。

【耐震】
建物が地震に耐えることを目的にしており、
「耐力壁」「筋交い」等を配置し、
地震により建物の倒壊を防ぐ。

【免振】
免振装置を設置し、地盤の揺れに、
建物が影響を受けない構造。

【制振】
地震動を制御するを目的とし、
地震動を熱に変換する「ダンパー」の設置や、
振り子の原理を利用し。地震動が建物へ伝達することを最小限に抑える。

【免振】抑えた地震動を【制振】減少させるなど、
併用した工法を用いて、地震対策を行うこともあります。

【地震対策】【工法】を確認しておくことは、
とても重要なことといえるでしょう。

【頑丈な家】でより安全で、快適な「おうち時間」を
すごしていただければと思います。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

Vol.49 家族の危険はお家で守ろう! 

皆様 こんにちは、代表の石井です。

近ごろは物騒で、いつ何時き危険な場面に遭遇するかわかりません。

特に人口の多い都市部では、
家屋への不法侵入や空き巣被害が
増加していると言われています。

家族の安全を守る防犯対策は、とても重要なことではないでしょうか‼

因みに、泥棒・空き巣が家に侵入する際、5分以内に侵入できないと、
約7割の泥棒・空き巣はあきらめるそうです。

ということは、侵入しにくい家にしておけば、
泥棒・空き巣被害の防止となるわけです。

泥棒・空き巣は必ず下見をします。

「狙わせない」「侵入させない」対策として、
【侵入防止4原則】
があります。

1、時間(侵入に5分以上かかること)
2、目(人の目につく)
3、光(明るく照らされる)
4、音(警報等大きな音で威嚇)

以上の4項目を備えるだけで、
泥棒・空き巣のの被害に遭う確率を下げることも可能です。

具体的な対策として、
「死角になりそうな場所」や「人目につきにくい場所」を減らす。
「防犯カメラ」や「セキュリティーシステム」の配備。
等は有効な手段となります。

犯罪者が身を隠しやすい
死角の多い袋小路や公園近くの土地は、
被害に遭いやすい環境であるともいえます。

土地を購入する前に、時間帯をずらし、何度も下見に行き
周辺の様子を観察しておくのが良いでしょう。

侵入口として、最も良く使われているのは窓です。
窓の防犯対策は重要といえるでしょう。

防犯ガラス・防犯フィルム・補助鍵が有効です。
防犯ガラスとは2枚のガラスの間に特殊フィルムが入っていて、
ガラスを割られても穴が開きにくい構造になっています。

ガラスを割り開錠し侵入される可能性はかなり抑えられます。

また、窓の配置にも気を配り、侵入しやすい場所に
窓を設置しないようにするのはもちろんのこと。

侵入しやすくなるような足場はないか、
侵入しやすい大きさではないかを考慮し設置しましょう。

ピッキングされにくいディンプルキー
2重ロック
センサー付き防犯ライト
音の出る防犯砂利

等々色々なアイテムが販売されています。
これらを有効に使えば被害遭う確率はかなり抑えられると思います。

しかし、住みはじめてから設置するのでは、
大がかりな工事が必用となるケースもあります。

住宅を建てると決めた時から防犯を意識して、
防犯効果の高い設備の導入計画していくことも大切なことです。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

サステナブル

皆様こんにちは、代表の石井です。

東京の今日の感染者数は4万を超えました。
どんどん増えています、皆さまも十分お気をつけてお過ごしください。
因みに、私は昨日第4回目のモデルナ接種を終えてきました。
感染予防に十分気を付けて生活していきます。

今日は、【サステナブルな暮らし】
についてお話しさせていただきます。

皆様は【サステナブル】
という言葉を聞いて、
ピンとくる方はいらっしゃいますか???

今回は、私たちの地球を少しだけ守るためのお話です。

【サステナブル(Sustainable)】「持続可能な」という意味です。
その語源は、sustain(持続する)とable(~できる)からきています。

今、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めていることが、
【サステナブル(Sustainable)】な社会の実現です。

今、なぜ必要とされているのか???
そこには大きな問題が3つあります。

1,[世界の人口が増えすぎたこと]
  20世紀半ばでは25億人だった人口が、
  20世紀の末には60億人に急増したのです。
  21世紀には90億人を突破すると予測・・・

2、[生活環境の悪化が進んでいること]
  地球温暖化による気候変動が生じ、
  平均気温が年々上昇しつづけ、
  水不足による砂漠化や自然災害が増加傾向に・・・

3、[天然資源が枯渇してしまうこと]
  急速な世界経済の発展は、
  石炭や石油、天然ガスといった限りある化石資源を大量に消費。
  すぐに作り出すことのできない天然・化石資源は枯渇する危機に・・・

では、私達にできる【サステナブル】な暮らしとは??

・節電を心がける
・ごみを減らす
・マイバックやマイボトルを持ち歩く
・地産地消を心がける
・モノは捨てずにリサイクル
・フードロスを減らす

一人一人の行動がちりも積もって、いつかは世界を変えるのです。
自分が暮らす家の中から地球にやさしい行動をしていきましょう。

私達、住宅会社が取り組める【サステナブル】があります。
「化学物質を使わない家づくり」
「アトピーやシックハウス症候群の方も安心して暮らせる家づくり」
「メンテナンスがほとんどかからない長く住み続けられる家づくり」

これからの時代は、
住む人、建てる側も
【サステナブル】
を意識していきましょう。

家づくりでお悩みの方、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


風水

皆様 こんにちは、代表の石井です。

このところコロナ感染者数がまた増えてきましたね。
第7波のようです。
皆様、くれぐれもお気をつけください。

今回は風水に注目してみました。

風水】という言葉と、その考え方を、皆様はご存知でしょうか?

家具の配置場所や色使いの善し悪しなど、
その程度にお考えの方が多いようですが、
風水の知識をもっていれば、
暮らしが豊かになるかもしれません。

では、まず風水で[やってはいけないこと]とは、

風水には「鬼門」という考え方があります。
鬼門」とは邪気の入ってくるところと考えられてきました。
家の中心から見て、北東の方角が「鬼門
南西の方角が「裏鬼門」と呼ばれています。

ここでちょっと余談ですが
[寅]の方位と[]の方位の間が「鬼門」の方位となります。
なので「鬼は寅のパンツで角が生えている
という説も・・・

「鬼門」「裏鬼門」
に配置してはならないと考えられているものは、
次のような設備です。
①[玄関]
②[トイレ]
③[キッチン]
これらは出入口や配管で外と繋がっている部分となります。

鬼門」を避けて配置することによって、
住宅は長持ちし、金運がアップすると言われています。

因みに、家の中の邪気を祓うものとして、
[お札][盛り塩][お守り]
を鬼門の方角の置くと良いとされています。

外から入ってくる「」の通る場所を、
清潔に保つようにすると、家中に綺麗な「」が溜まる。
このように、水まわりは綺麗にしておくと、運気が上がると言われています。

風(気)を水で留める】という風水の考え方に基づくものなのです。

鬼門」以外の方角に配置するものとしては、
鬼門」の対象の方角
[北西]「金の方位とも呼ばれます」に配置すると良しとされているものは、
光り輝く金属を置くと良いとされています。

逆に、くすんだ金属を置くと運気が下がってしまうそうです。

[南東]「水の方位」と呼ばれ、
人間関係や恋愛運を呼ぶ方角とされています。
[お風呂]や[キッチン]を配置するのに最適な方角であり、
明るく清潔な状態に保つと良いとされています。

暗くて、散らかっていると逆に運気が下がると言われています。

風水】では方角ごとに
[置くと良いもの]、[置かない方が良いもの]
があります。
部屋の間取りや、インテリアを考えるときに
風水】を参考にすることで、
邪気をはらい、綺麗な【】で満ちた空間で暮らすことができます。

新築やリフォームの計画時に取り入れてみるのも良いかもしれません。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


Interior Color

皆様こんにちは、代表の石井です。

父の日、漆塗箸とグラスを頂戴しました。
皆様はどんな父の日を過ごされましたか?

今日は部屋の色について、お話しさせていただきます。

皆様は、家具の色やレイアウトにこだわりはございますか???

部屋ごとに色分けされている方、
内観だけではなく、外観にも色のこだわりがある方、
色にこだわりのない方等々

様々な方がいらっしゃると思います。

【色】には、
視覚から得られる効果や、
連想できるものがあります。

部屋の【色】一つで
住み心地や感じが異なってきます。

ここで「5色」の色が与える効果をご紹介します。

【茶】 大地や木を連想させる茶色は、「アースカラー」とも呼ばれ、
    住いのベースや家具など多く使われている色です。
    自然の中でもたくさん見かける色なので、
    安心感をもたらすカラーといわれています。

【青】 空や水の色である青色、衣服にすると清潔感がでます。 
    部屋の中に取り入れると、清潔感があり、落ち着いた空間になるカラーです。

【緑】 森林や植物を連想させる緑色は、安心感・リラックスを持たせます。
    部屋でリラックスしたい方へおすすめのカラーです。

【黄】 風水では金運が上がると言われ、縁起の良い色とされている黄色、
    視覚効果としては、集中力が高まる・元気が出るカラーです。

【赤】 情熱・温かみののある赤色、食欲増進・気力回復効果があると言われています。
    部屋の中にワンポイントで入れると、綺麗に映えるカラーです。

このように色には、様々な視覚効果や連想されるものがあります。

どの色をどれくらいの割合で使うと良いのか、
どの色と合わせると効果的なのかは難しい判断となります。

では、ここでバランスの良い色の配分をご紹介します。
いわゆる【黄金比率】です。

1,ベースカラー
 部屋の中でベースとなる色です。部屋の大部分をこの色で造るのが良いとされています。
 基本となる色なので、個性を主張する色ではなく、落ち着いた多くの色と相性が良い色。
 ブラウン・ナチュラルを70%【茶】

2,アソートカラー
 部屋のイメージを左右する色。【青】【緑】【黄】を効果・好みで選び部屋全体に配色。
 部屋の印象・効果はこのアソートカラーで決まる為、効果的にとりれましょう。
 全体の25%

3,アクセントカラー
 ここまでに決めた部屋のカラーを調整する色です。
 クッション・小物や観葉植物、派手な色でも綺麗に部屋のアクセントになります。
 【赤】5%

部屋の【黄金比率】は
ベースカラー   70%
アソートカラー  25%
アクセントカラー  5%

色の視覚効果を体感、色の効果ででのお部屋作りを楽しんでみてください。
【黄金比率】もご参考に!!

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

モノに順位をつけましょう

皆様こんにちは、代表の石井です。

東京は昨日梅雨入りとなり、
今日は午後から雨となり、肌寒い一日でした。

皆様の所はいかがですか?

今日は、キッチンの収納について考えていきたいと思います。

家の中には日ごろからよく使われる、
杓文字・菜箸や調味料等の調理道具。

限られたメニューでしか使わない、
フードプロセッサーやミキサー・ホットプレートなどの調理器具。

またまた、季節ごとに使われる、
かき氷器や土鍋などの季節物。

モノには使用するタイミングや、
色々な役割があります。

それらをどうやって片付けるのか・・・
収納が得意の方は、簡単に片付けられることでしょう。

でも、苦手な人もいると思います。

収納のコツを考えてみたいと思います。

まずは、キッチンにあるすべてのモノを把握しましょう。

しばらく使ってなく、埃をかぶっているお皿やお鍋が、
棚の奥にあるかもしれません。

どこに何が仕舞われているか、
まずは把握していきましょう。

次に、順位付けをしていきます。

今回は3つの班分類します。

(日)常的に使用するモノの班(杓文字・菜箸・調味料等)
(月)毎日ではないけど、メニューなどによって使うモノの班(ミキサー・ホットプレート等)
(火)滅多に使わず季節ごとに使うモノの班(かき氷器・土鍋等)

大まかに3つの班に分けてみます。

(日)の常に使用する調味料や調理器具は、
サッと取り出せるところに置くと良いでっすよネ。

調味料なら作業スペース・コンロのそば。

おたま・トング・フライ返しは換気扇の縁に
磁石付きのフックを取付ぶら下げる。

キッチンがすっきりとし、
調理動線が綺麗に保てます。

(月)のメニューなどによって使うモノは
(日)のの近くに置いておくのも良いかもしれません。

(火)の滅多に使わず季節ごとに使うモノは、
やっぱり棚の一番奥となりますね。

皆様のキッチンも使いやすいように工夫し、
収納されていると思います。

そして、優先順位をつけてみると、
もっと良い収納になるかもしれません。

よろしければ、試してみてください。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

手は何処で洗っていますか??

皆様こんにちは、代表の石井です。

5/28(土)家づくり勉強会を開催いたします。
金利のお話をさせていただきます。
お近く・お時間のある方、お気軽にご参加ください。

皆様、おトイレの後は何処で手を洗っていますか??

トイレロータンク上?
洗面台?

それにしても手洗い付きロータンクを
思いついた方って誰なんでしょう?

倹約家?
綺麗好き?

手を洗った水で便器を洗浄する。
実に無駄がない方法を考えましたよね~

発明・完成させた時、
思わず、ガッツポーズが出た事でしょう。

ですが、実際に手を洗っている自分を想像してみてください。

水が飛び散るから十分には洗えない。
手洗ソープや石鹸も使えない。

とはいえ、用を足したらまずは手を洗いたいですよね。
『お手洗い』ともいうくらいですから。

最近では、用足し後に手を洗わない方もいるという調査結果も出ていますが、
トイレでは何らかの手が洗える仕掛けが必要となるのです。

では、どこで洗うのか・・・?
やはりトイレの中が良いですね。

小さなもので良いのです。
どんな形の手洗い器をどこにつけるも、
皆様の自由です。

ただ、寸法・レイアウトはしっかり考えていかないと
使いづらいものとなってしまいます。

近ごろでは、色々なタイプの手洗い器があります。

アンダーカウンタータイプ
オーバーカウンタータイプ
ボウルタイプ
壁掛けタイプ 等々

アンダーカウンタータイプがお掃除はしやすいかと思います。

奥行きのあるトイレなら、便器と向かい合わせに、
若しくは、便器とずらし平行に。
幅があるトイレでは、便器と平行に。

そして、鏡や照明でデコレーションすれば、
『お化粧室』に

幅が広すぎると、トイレットペーパーに手が届かなかったり、
狭すぎると、掃除がしずらく、動きにくい。

たかがトイレされど毎日何回も使うトイレ、
設計・レイアウトはしっかり考えないといけません。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、
寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


家づくりに思い込みは要注意!!

皆様こんにちは、代表の石井です。

ゴールデンウイークも今日まで。
皆様は行楽にお出かけになられたでしょうか?

この時期、私は毎年くらやみ祭りに参加しておりますので、
お祭り漬けでしたが、コロナで3年連続祭りは中止、
今年も何をして過ごせばよいのか・・・

私はゴルフの打ちっ放し・家族と外食だけかな??

規制のない連休、皆様は楽しまれたことでしょう。

今回は【家づくりの思い込みは要注意!!】
というお話をさせていただきます。

家づくりを始めると、
予算・土地を決め、間取りを考えるなど、
決めていかないことがたくさんでてきます。

いつ建てるのが良いのか?
何処のエリアに建てるのか?
どんな家が良いのか?
予算は?
どこの住宅会社に頼むのか?

友人・知人からのアドバイス、
また、書籍やネット、
住宅会社の営業マン等々から、
情報を収集し決めていきます。

しかし、情報がたくさんありすぎて、
どれが正しいのか、何が間違っているのかを、
判断する事が難しく、思い込みで決めてしまう事もあるかと思います。

書籍やニュースにしばしば出てくる言葉で、
『アンコンシャス・バイアス』
というものがあります。

この言葉は、『無意味の思い込み』という意味で、
自分自身の今までの知識や経験・価値観などから、
自分では気が付かない、偏ったものの見方をしてしまいます。

それが原因で、誤った判断をし失敗してしまう事があるかもしれません。

例えば、家づくりで、
住むエリアを決めないとならないと思い込み、土地を探す。
次に、間取り・仕様を決めていきますが、
総予算オーバーだったり、住宅ローンが通らなかったり・・・・

家づくりの順番を土地からだとの思い込みの結果、
建物の予算を重視していないと、
振出しに戻ってしまうなんてこともあるかもしれません。

まずは、自己資金・住宅ローンの事前審査をし、
マイホーム計画にかけられる資金総額を把握することが重要なことになります。

また、思い込みは、
悪い結果を生むだけとは限りません。

一度家を建てたことのある方は、
過去の経験から、その思い込みから、
正しい判断ができることもあります。

大事なことは、どこかに思い込みがないかを考えてみることで、
また、家族・自分自身と向きあって、判断する事だと思います。

家づくりは、一生に一度とよく言われますが、
本当に一生物なのか??

言葉の意味を鵜吞みにする事なく、
事実なのかをよく考えてみると、
新しい気づきがあるかもしれません。

思い込みに縛られることもなく、
自由な発想で、家づくりを楽しんで進めていきましょう!!

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。