家づくりに思い込みは要注意!!

皆様こんにちは、代表の石井です。

ゴールデンウイークも今日まで。
皆様は行楽にお出かけになられたでしょうか?

この時期、私は毎年くらやみ祭りに参加しておりますので、
お祭り漬けでしたが、コロナで3年連続祭りは中止、
今年も何をして過ごせばよいのか・・・

私はゴルフの打ちっ放し・家族と外食だけかな??

規制のない連休、皆様は楽しまれたことでしょう。

今回は【家づくりの思い込みは要注意!!】
というお話をさせていただきます。

家づくりを始めると、
予算・土地を決め、間取りを考えるなど、
決めていかないことがたくさんでてきます。

いつ建てるのが良いのか?
何処のエリアに建てるのか?
どんな家が良いのか?
予算は?
どこの住宅会社に頼むのか?

友人・知人からのアドバイス、
また、書籍やネット、
住宅会社の営業マン等々から、
情報を収集し決めていきます。

しかし、情報がたくさんありすぎて、
どれが正しいのか、何が間違っているのかを、
判断する事が難しく、思い込みで決めてしまう事もあるかと思います。

書籍やニュースにしばしば出てくる言葉で、
『アンコンシャス・バイアス』
というものがあります。

この言葉は、『無意味の思い込み』という意味で、
自分自身の今までの知識や経験・価値観などから、
自分では気が付かない、偏ったものの見方をしてしまいます。

それが原因で、誤った判断をし失敗してしまう事があるかもしれません。

例えば、家づくりで、
住むエリアを決めないとならないと思い込み、土地を探す。
次に、間取り・仕様を決めていきますが、
総予算オーバーだったり、住宅ローンが通らなかったり・・・・

家づくりの順番を土地からだとの思い込みの結果、
建物の予算を重視していないと、
振出しに戻ってしまうなんてこともあるかもしれません。

まずは、自己資金・住宅ローンの事前審査をし、
マイホーム計画にかけられる資金総額を把握することが重要なことになります。

また、思い込みは、
悪い結果を生むだけとは限りません。

一度家を建てたことのある方は、
過去の経験から、その思い込みから、
正しい判断ができることもあります。

大事なことは、どこかに思い込みがないかを考えてみることで、
また、家族・自分自身と向きあって、判断する事だと思います。

家づくりは、一生に一度とよく言われますが、
本当に一生物なのか??

言葉の意味を鵜吞みにする事なく、
事実なのかをよく考えてみると、
新しい気づきがあるかもしれません。

思い込みに縛られることもなく、
自由な発想で、家づくりを楽しんで進めていきましょう!!

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に、寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


洗面室と洗濯機の関係

皆様こんにちは、代表の石井です。

サクラが終わりハナミズキが満開の東京都府中市です。

今回は【洗面室とは何ぞや?】についてお話させていただきます。

1、手を洗う部屋
2,顔を洗う部屋
3,髪の毛のセットやお化粧をする部屋

洗面室は色々なことができる多様な空間です。

洗面室はお風呂に入る際脱衣場として使われることが多いと思います。
服を脱ぎ、そのままお風呂にはいれる、
洗濯物もそのまま洗濯機へ入れることができる。

洗濯機は洗面室に置いた方が便利といえます。

しかし、ワンルーム、1Kなどの間取りでは、
お風呂とトイレ・洗面が一体になったユニットバスが少なくないと思います。

その場合洗濯機を置くことはできません。

また、誰かが使用中は他の人は洗面が一切できなくなります。

洗面室は色々な用途で兼用される為、曖昧な空間なのです。

洗面室をいかに上手く家族と共有するか?
どのような使い方をするのか?

設計をする上で、一つのポイントとなるのです。

そこで忘れちゃいけないのが『洗濯機の置き場所』
洗濯機をどこに設置するか、生活しやすい動線をイメージすることが大切です。

例えば十分なスペースで洗面・洗濯室を作るとどうでしょう。
洗面台・洗濯機・竿掛け・衣類収納を設ければ、

洗濯⇒干す⇒畳む⇒収納

洗濯から収納まで一貫してこなせる部屋となります。

また、トイレを併設することも可能です。

洗面室に洗濯機を設置することが多いと思いますが、
家の大きさ・間取りによっては、あえて洗濯機を別の場所に設置。
ってこともあると思います。

プランニングの際、
洗濯機を置く場所を起点に動線をイメージするのも面白いかも。

家づくりでお悩みの方や、
新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
まずは、お気軽に石井工務店までご相談ください。

日本の浴室と外国の浴室

皆様こんにちは、代表の石井です。

新型コロナウィルス、感染者数がなかなか減りませんね~
第7波ですかね~

武蔵総社 大國魂神社 例大祭 
【くらやみ祭り】
の御神輿渡御・還御は中止となり、
昨年同様、『唐櫃』にて巡幸となりました。

3年連続で中止です、残念。

しかし

御本社・一之宮『御太鼓奉納70周年』
町内巡行を4/24(日)に行います。

祭りで疲れた身体にはお風呂が最高ってことで、

今回は【お風呂】
のお話をさせていただきます。

真っ白に泡立ったバスタブに全身をゆだね、
バスタブの縁に足をかけ、鼻歌を奏でる。

こんなシーン外国映画でしか見たことないですよね。

でもよく考えてみると、
泡ぶろって、次に入る人はどうするんでしょうか?

多分、都度お湯を入れ替えるのでしょう。

なぜなら、外国の人たちにとって、
バスタブのお湯は自分だけの物なのです。

それに彼らには、
『洗い場で身体を洗う』
という習慣がないのです。

私たち日本人は
湯舟に肩まで浸からないと、
お風呂に入った気にならない方も多いのではないでしょうか。

そして、自分以外の人が浸かった湯舟でも平気なのです。

最近の若い方はシャワーだけという人も多いようですが、

私は夏でも必ず湯船につかります。
ふろ上がりの

真夜中の大行進・モノには魂がある

皆様こんにちは、代表の石井です。

東京では桜の開花宣言もあり、すっかり春めいてきました。
『暑さ寒さも彼岸まで』
先人たちはうまいことを言いましたね。
お彼岸をさかいに、本当にそういう季節に入れ替わるんですよね~

『まん延防止等重点措置』も今日まで、
経済が活発に動き出そうとしている矢先、『大きな地震』
観光関係の方はショックですよ、がっかりですよね。

武蔵総社 大國魂神社 例大祭「くらやみ祭り」も
昨年同様、御神輿渡御・還御中止、唐櫃にて巡幸での開催と決まりました。

また、住宅設備機器の納期遅延もまだ改善されず、
ほとんどのメーカーは4月から値上げ。

もうしばらく、お客様にはご不便をおかけしてしまいそうです。


さて今回は、『整理・整頓』のお話です。ものを

モノが家中にあふれかえっている方、
綺麗に『整理・整頓』されている方、
必要最低限しかモノを持たない方、

世の中にはいろいろなタイプの方がいらっしゃると思います。

モノは自分で把握している量よりも、
はるかに多いものなのです。

片づけても、しまっても、
気が付くとモノがそこら中に
あふれかえっている場面はありませんか??

しかし、それは片づけられないあなたのせいではありません。

そもそも、モノは活発に歩き回る性格なのです。

朝、目覚めると部屋が散らかっていた、ということはありませんか?

きっと、モノは夜行性で
【真夜中に大行進】
しているのでしょう。

本来、収納の設計は、
モノの特性を理解し、分析していくところから始めるのです。

モノは大きく分けて3つの特性に分けられます。

①日常的に使うモノ
 通勤・通学で使う服・靴、料理道具など常に使うモノ

②随時使うモノ
 休日の趣味に使う道具・洋服、本・ゲーム機などたまに使うモノ

③期間限定で使うモノ
 旅行・レジャーで使うモノ、イベント・行事で使う期間限定で使うモノ

ここでチョット服の収納に着目してみましょう。
ウォークインクローゼットって万能ですか?

どんな収納でも『整理・整頓』が重要になります。

憧れのウォークインクローゼットは、
特に『整理・整頓』が大切なのです。

マメに『整理・整頓』しなければ、
奥からだんだんと服の山ができていき、
ジャングルと化していくのです。

良く着る洋服などは、
取り出しやすい場所に吊るしていませんか?

洋服だけではなく、料理道具など、
よく使うモノは、結局取り出しやすいところに
吊るしてしまうのです。

部屋を片付けるために、
クローゼットや収納棚にしまうと、
逆に、散らかってしまう事があります。

モノの性格に逆らってはダメなのです。

見せる収納を取り入れるのも、
綺麗な部屋に保つ一つの手段だと思います。

モノの性格に逆らわず、
出たいというモノは、出してあげる収納を
取り入れてみるのも良いと思います。

是非試してみてください。

家づくりでお悩みの方や、
新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
まずは、お気軽に、石井工務店までご相談ください。


ベットの位置は重要、夜中にダイビングすることになるかも

皆様こんにちは、代表の石井です。

18都道府県は「まん延防止等重点措置」が21日まで延長されるようですね。
第6波の感染者数の減り具合がゆっくりな感じがします。

私は、27日にモデルナ3回目の接種を終えてきました。
水分を沢山とると良いと小耳にはさんだので、
接種前後に、水分を沢山とってみました、
すると、ど~でしょう、副反応は腕の痛みだけでした。

体質にもよるでしょうが、嘘か真かお試しあれ。


冬のお布団って、ヌクヌクして気持ちよく、
なかなかお布団からでることができないですよね。

今回は【ベットルーム】のお話をさせていただきます。

ベットは硬さ・大きさ・品質だけが大事ではないのです。
【置く位置】も大切なのです。

ベットの置かれている部屋のことを、
寝室・子供部屋・個室・客室などと呼びますが、

ここでは
【ベットルーム】としておきましょう。

ベットも家具の一つです。

ですので、机や本棚・箪笥のように
部屋の好きな所に配置してもよさそうなものですが、
現実はそうもいきません。

ベットを置く位置により窓の位置が変わります。
そして、照明・コンセントの位置も変わってきます。

でももっと重要なことがあります。

右壁側にダブルベット、左壁側にクローゼット
のレイアウトのベットルーム6畳だったとしましょう。

壁側の人が後から寝る場合、
またぐか枕めがけて【ダイビング】(笑)
になってしまいます。

これを続けていたら、いつかは怪我をしてしまいますよね。

ベットは横たわるサイドからもぐりこむのが原則です。

ダブルベットは両サイド、ツインベットはセンターに
『サイドスペース』という『通路』『空間』を必要とします。

また、『ベットメイキング』をされるのであれば、
両サイドと足元に三方にスペースが必要となってきます。

サイドスペースは狭くても有効ですので、
是非確保してみてください。

ベットルームの設計では、
配置・ベットのサイズ・サイドスペース・扉の開閉等
の検討が重要になってきます。

家づくりでお悩みの方や、
新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店であり続けたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


設計のプロでもキッチン機器のレイアウトはアヤシイ???

皆様こんにちは、代表の石井です。

お正月が明けもう2月半ば、月日が流れるのは早いですね~

私も2回目のコロナワクチン接種から早6ヶ月、
今日3回目の接種予約が取れました。
副反応がちょっと心配でしたが、前回と同じモデルナを予約しました。

皆様、お料理はおスキですか?

ご家族のごはんの支度。

お子様のお弁当つくり。
最近はキャラ弁が流行っているようで、
お子様はふたを開けるのが楽しく、期待しちゃいますよね。

はたまた、昨日はバレンタインデー、
イベント等のお菓子つくりなど。

キッチンは美味しい料理をつくりだせる、
また、その料理を食べた人のの笑顔も作り出せる、
魔法の場所だとは思いませんか?

何といっても、
料理は「手際」が大事だと思います。

私の個人的な考えですが、
『手際のよい人が作る料理は大体おいしい』

共感して下さる方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

冷やして食べたほうがおいしい料理は、
先にこしらえ、冷蔵庫い入れスタンバイ。

熱々で食べてもらいたい料理は、
直前につくりそのまま食卓へ。

狭いスペースの中を食材や調味料などが目まぐるしく
行きかうキッチンでは、空間のデザインより、
できるだけ機能的であることが重要になってきます。

もし、ご自宅のキッチンで必要以上に目を回しているあなたがいるとすれば、
キッチンの設計に問題があったのかもしれません。

料理上手なあなたの段取りをキッチンがしっかりサポートしてくれてないのです。

キッチンに納める機能は沢山ありますが、
その代表的な物といえば、冷蔵庫・コンロ・シンク
そしてまな板がおけるスペース。

これを私は『キッチン四天王』と呼んでいます。

『キッチン四天王』の並び方を、
チョット思い浮かべてください。

仮に冷蔵庫を左端に置いて見ましょう。
あなたは残り3つをどのような配列にしますか?

私は、左から冷蔵庫・シンク・まな板・コンロです。

皆さまもおそらく、同じだと思います。

なぜでしょう?

『熱くなるコンロと冷蔵庫は離しておきたい』
『シンクとコンロが近いと油に水が入りはねて危ない』

それもあると思うのですが、

料理の手順にそって配列するからです。

①冷蔵庫から食材を取り出す
②シンクで洗う
③切る・刻む
④鍋にぶち込む

どんな形のキッチンであれ、
料理の手順に合った配列にすれば、
使いやすいキッチンにすることができます。

キッチンは料理の手順を意識して設計しないと使いづらくなります。

毎日毎日、長い間立つキッチン、ストレスなく
楽しくお料理ができる空間、大事ですね。

家づくりでお悩みの方や、
新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店だあり続けたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

ダイニングテーブルって 結構でかい

皆様こんにちは、代表の石井です。

今日の東京の感染者数は21,576人。
とうとう2万人を超えてきました。
そのうち10,114人は2回のワクチン接種をしていたそうです。
病床使用率も51.4%、「緊急事態宣言」ってなことにまたなるのでしょうか?

わが市府中では、私の年齢は3月末予約受付開始、接種できるのは4月以降になるでしょう。
感染予防に気を使い生活していかねばって、
これ以上何をすればよいのやら・・・・・

さて、本題に入らせていただきます。

今回はダイニングについてお話ししたいと思います。

皆様は家具にこだわりってありますか?

ウッド基調な家具・お好きなブランド・
モノトーン色・カラフルな色の家具等々。

それぞれにこだわりはあると思います。

最近では白を基調とした家具に揃え、
すっきりとした部屋に演出している方が多いような気もします。

家具を探しているときや、
お店に見に行くことはとても楽しい時間です。

なかでもダイニングテーブルは格別の存在です。

毎日の食事だけではなく、
お客様や親戚をお招きしてパーティーとか、
書き物をしたり、勉強机になったり・・・・
家の中心として機能するだけに、
選ぶには慎重になりますね。

「メープルの北欧風デザインがいいかしら?」
「ナラの無垢板も捨てがたいわね」
な~んて、ホント迷っちゃいますよね。

因みに我が家では、ブラックウォールナット無垢板の
ダイニングテーブルを使用しています。
重厚感があり気に入っています。
やっぱり木にかこまれるのが好きなのですね。

ここで注意が必要なのは、

デザインだけではなく、大きさが重要です。
ダイニングルームは、その家の中で一番人が集まるところです。
それだけに、テーブルの周りで人が動けるスペースが
確保されていなければいけません。

どのようなテーブルをどのように置くかで、
ダイニングルームの設計は大きく変わってきます。

テーブルやいすの高さにも色々な種類があります。

【座】【卓】の高さの
相対的な差はどんな種類のものでも
ほぼ一定です。

この差のことを
【卓差】
といいます。

この【卓差】
『体格』や『洋食』や『和食』
によって微妙に異なります。

【卓差】はおおよそ270㎜と覚えておくと良いでしょう。

設計の段階から、ダイニングテーブルをおくところを
決めておき、部屋の大きさや、形を考えていくことも大切ですね。

ダイニングの設計では、
テーブルの周り前後左右・上下の寸法を
確保する必要があります。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える工務店でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。

畳敷きの部屋=和室???

皆様こんにちは、代表の石井です。

供の、東京の新型コロナ感染者数は9699人。
日々記録を更新しています。
来週には、1日の感染者数が1万8266人に達するとの専門家の推計も・・・
11都道府県で「まん延防止措置」が適用されるようです。

終息を祈るばかりです。

お正月はミカンをたくさん食べたな~
炬燵にミカンって相性抜群ですよね。

でも、ミカン以上に相性が良いのは
【畳】じゃないかと思うんですよね。

そんな【畳】【和室】についてお話していきたいと思います。

【和室】といえば、【畳】の敷いてある部屋
とほとんどの方が思いうかべるのではないでしょうか。

けれど、【畳】が敷いてある部屋すべが【和室】かっていうと、
必ずしもそうではありません。

例えば、柔道の道場には【畳】が敷いてありますが、
道場は【和室】でしょうか?

激しい稽古に耐えられる床材として、【畳】が使われているのか、
それとも、礼節を重んじる場所として【畳】が必要なのか・・・???

新築・リフォームを計画するときに、
一部屋くらい【和室】があった方が良いんじゃないかな~

な~んて思った方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

設計段階で必ず話題になるのが「和室問題」です。

【和室】という言葉から思い浮かべるイメージは、
人それぞれ違います。

生活習慣までを含めた伝統様式としての【和室】なのか。
単に、皮膚感覚・感触として、【畳】の肌触りが欲しいのか。
ごろ寝のスペースとしてなのか。
またまた、【畳】の香りなのか。

まずは、そのあたりをハッキリさせるために、
何をイメージした【和室】なのかを考えておきましょう。

『格式』『畳』『雰囲気』
あなたが、その家に望むものは何なのか。

【畳】には「畳の五か条」があります。

第一条 〈一畳の大きさ〉
【畳】は、地方によって大きさが違います。
『江戸間』『京間』『中京間』
この三つがあります。

第二条 〈二通りの間取り方〉
『畳割り』【畳】の寸法を最優先に確保することで、柱の間隔が二次的に決定される。
『柱割り』:柱の間隔を優先することで【畳】の寸法が1枚1枚違う。

第三条 〈縁なし畳〉
『縁なし畳』『琉球畳』は別物。
目が詰んでいる方が、エッジが立つのである。

第四条 〈敷き方〉
『祝儀敷き』『不祝儀敷き』の区別がある。
祝儀敷き:【畳】の角が合わさる部分が『T型』になる。
不祝儀敷:【畳】の角が合わさる部分が『十文字』になる。
通常は『祝儀敷き』だが、葬儀の際に『不祝儀敷き』に式変えることも。
『祝儀敷き』の方が済がきれいに納まる。

第五条 〈五枚目の半畳〉
中央に半畳を置く四畳半を『切腹の間』と呼んだ。
かつては、この形の敷き方の部屋で切腹が行われていたらしい。

【畳】の歴史や文化は、とても深く・古く・難しいものですね。
畳屋さんに聞いてみるのもいいと思います。

【畳】の空間を、より自分好みにできるかで、
住みやすさ・快適さや生活も変わると思います。

家づくりでお悩みの方や、
新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える建築屋でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


謹んで新年のご祝詞を申し上げます

新年あけましておめでとうございます。
輝かしい年頭にあたり
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年が明けたとたんに、新型コロナウィルス感染者が激増。
昨日東京の感染者は390人。
沖縄では623人、まん延防止等重点措置の要請をするようです。

また緊急事態宣言ということも・・・

感染予防を徹底して、感染拡大を最小に抑えていきましょう。

年越し寒波の大雪で大変な生活をおくられている方々
くれぐれもお気を付けください。

東京も今日は雪の予報が出ています。

寒波の寒さの中で、
暖かいお部屋からトイレやお風呂に行くときの寒さは、
嫌なものですよね。

その時、役立っているのが【ドア】です。

新年第1回目は【ドア】についてお話しさせていただきます。

ちょっと想像してみてください。

洋室にドアを取付る場合、
『内開き』
『外開き』
『右吊元』
『左吊元』
この4パターン開き方が考えられます。

ドアの開き方を間違えると、
人は常にストレスを感じる暮らしとなるのです。

ドアは人の動きに逆らわずに動くことが必要なのです。

まず、内開きが原則、
これは、外開き(廊下側開き)にした場合、
廊下にいる人にドアが人にあたること避けるため。

例外として、玄関・トイレ・収納は外開きが多いですね。

部屋内の入隅壁側を吊元とすると、
ドアを全開せず入室できます。

これ逆ですと90度以上開かないと入りにくく、
チョット「イラッと」するかも。

『たかがドア・されどドア』ですが、

ドアの開き方ひとつで毎日の生活がストレスに
な~んてならないように!

家づくりでお悩みの方や、
新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える建築屋でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。


【靴を脱ぐ?脱がない?】

皆様 こんにちは代表の石井です。

WHOが重症化しにくい傾向としてきた
「オミクロン株」
英国で初の死者が確認されました。

東京の新規感染者、今日は24人、
水際対策を徹底していただきたいものです。

感染者数が減少し、緊急事態宣言も撤廃され、
外食・吞み会・レジャーや旅行にお出かけになる方も
増えてきているのではないでしょうか。

私も、しばらく旅行に行っていないので、
そろそろ旅先でゆっくり息抜きがしたいですね!

『温泉』『サウナ』『マッサージ』『海の幸・山の幸』『おいしい地酒』
うー・行きたいですね~

皆様は、『旅館派ですか?』
温泉に浸かりご当地の名産品や郷土料理をいただいて
『ゆっくり息抜き派かな?』

それとも、『リゾートホテル派?』
オーシャンビューや綺麗な夜景
フレンチ・イタリアン・ビュッフェなどの
『堪能派ですか?』

どちらも捨てがたいですね・・・

ところで「旅館」「ホテル」の違いって何でしょう?

和風と洋風
畳と絨毯
ふとんとベット
大浴場とシステムバス

いろいろとありますよね。

私が思うには

【靴を脱ぐ?・脱がない?】

これじゃないかと思うんですよね。

【靴を脱ぐ】日本人。
【靴を脱がない】欧米人。

これは、【玄関】の計画を考えるうえで、
決定的な相違をあらわにします。

日本の設計者にとっての玄関とは、
「いかに靴を脱がせるか、脱いだ靴をどのように収納するか」
など、広さや動線など想像以上に問題が山盛りの世界なのです。

【靴を脱ぐ】ことは
『気を許しあえること』
だと思います。

旅館で行う大宴会と
ホテルのホールで行うパーティーとでは、

【靴を脱いでいる】

旅館の大宴会の方が、
一歩踏み込んだ間柄になれそうな気がします。

【玄関】とは一緒に住む人々を親密にすることができる
ものなのかもしれません。

【玄関】を計画する際には、
【靴を脱ぐ】ことの意味を理解したうえで、
どのような形に落ち着かせるか考えなければなりません。

良いことがあった時
嬉しいことがあった時
嫌なことがあった時
悲しいことがあった時

どんな時でも迎え入れてくれる
【家族が待つ入口】
なので

ドアの向きや種類、玄関収納の大きさ・位置、
広さやタイルのデザインなど

【玄関】の一つ一つこだわりを持つのも、
新たなライフスタイルが創れるかもしれないですね。

家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方に
これからも寄り添える建築屋でありたいと考えております。
お気軽に、石井工務店までご相談ください。